パパから月に10万円以上のお金が貰える
居酒屋で働く36歳の私。居酒屋と言ってもチェーンの店ではなく友達が経営する居酒屋となので気軽に働けます。料理は友達の旦那さんが作り、私と友達がホールでお客様の接客をする感じでした。

ある日、友達がインフルエンザになってしまい、友達の旦那と私の2人で働くことになりました。「今日は月曜だし、そんなに忙しくならないと思うけどよろしくね明美ちゃん。」「こちらこそ。」だけど、予想とは違いお客さんはどんどん来ました。若いお客様も多く中には大きな声で「パパの作り方教えて。」と、気になる話題をしていました。

そして、店が閉店になる時間の頃にはパパの作り方の話をしていた若い子グループだけになりました。「かなり酔っているね、あの子達平気かな。」「さっき、パパの作り方の話をしていました。パパ作ろうとしているのかな。」「えっ、結構悪い子達なのかな。」キッチンで話す私達。こんなに友達の旦那さんと話すのは初めてで変な感じでした。

お客様が全員帰った後、2人でお店の後片付けをしました。「閉店作業まで手伝ってくれて悪いね。多分、春奈は明日も出れないと思うからまた2人でよろしくな。」一瞬だけ、彼の手に触れた私達。何故だろう、友達に罪悪感を感じてしまいました。「俺、パパは嫌だけど愛人には憧れるな。」「そんなこと春奈が怒りますよ。」「そうだね。でも明美ちゃんのことが気になってるせいで愛人に憧れるのかも。」「それ以上は言わないで下さい。」あと、何回彼と2人で働けるかな。私はこのまま気持ちが抑えられるか不安です。
パパ活アプリ